So-net無料ブログ作成
検索選択

イースターのこと [Zambo time]



*イースターって、いつ?*

こんばんは、FS.loveitです。
今夜もご来訪ありがとうございます!
はじめてここに来てくださったあなたも、どうぞよろしくお願いします。

昨日に引き続き、イースター(復活祭)のお話です。
毎年日付が変わる移動祝日だからわかりにくいということは昨日お話ししましたね。
では、どうやって日にちを決めているのでしょう?

復活祭の日を知るには…
「春分の日のあとの最初の満月」がいつかをまず調べます。
「その満月から数えて最初の日曜日」がイースターサンデー、
 つまり復活祭(処刑されたイエスが甦りを果たした日)ということになります。
今年、2017年のイースターサンデーは4月16日です。
イースターの飾りつけは本来(神の復活を祝うものなので)このイースターサンデーから始め、
50日後のペンタコステ(イエスの復活後50日目に弟子たちに精霊が降臨したといわれる日)
までとされているようです。

もちろん街の商店ではもっと早く、イースターの1〜2カ月前から準備を始めます。
この時期に欧米を旅したことのある方は、街中のショーウインドウが可愛いうさぎやヒヨコ、
卵の装飾品やお菓子で飾られているのを見て、その華やかさと愛らしさに圧倒されたことがあ
るのではないでしょうか。特に冬が長く厳しいヨーロッパでは、このイースターが待ちわびた
春の訪れを象徴する意味をも持って、人々に愛されているように見えます。

イースターはキリスト教の重要な宗教行事であって「祭り」ではないという意見もありますが、
その語源は神話の春の女神「Eoster」。「春祭り」という解釈も、あながち間違いではなさそ
うです。宗教は違っても、暗く閉ざされた冬から陽光が射し込む春の到来を喜ぶ気持ちは同じ。
そして、冬には死に絶えたように見える大地も春に再び芽吹き、生命を謳歌するように、人も
日々、毎年、人生の節目に、生まれ変わり、挫折と復活を繰返しているのではないでしょうか。
春、イースター(復活祭)が来るたびにそう思います。
そしていま、冬の時期にいる競技者にも必ず復活の日が来るよう祈ります。

▼参照サイト
・wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/復活祭
・「英語タウン」
 http://www.eigotown.com/culture/special/easter/

2017316.jpg
May the FS be with you.(フィギュアスケートがあなたと共にありますように)
おやすみなさい。

愛すスケート雑貨 FS.loveit



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。