So-net無料ブログ作成
検索選択
figure skating Diary ブログトップ

書体は「小塚」 [figure skating Diary]



こんにちは、FS.loveitです。
ゴールデンウィークは、いかがお過ごしですか?
おでかけ先でチェックしてくださっている方も、おうちでゆっくり見てくださ
っている方も、今日もご来訪ありがとうございます!
はじめてここに来てくださったあなたも、どうぞよろしくお願いします。

さて今日は、フィギュアスケート手帳で使っている文字のフォント(書体)に
ついてのお話です。以前 Facebookで書いた内容ですが、Facebookでは過去
の記事が流れていってしまうため、保存のためにこちらへ移しました。

* 書体に刻む *

フィギュアスケート手帳の基本書体はすべて、「小塚」という名のフォントを
使っています。タイトルまわりなど、ポイント使いで別書体を使っている部分
もありますが、カレンダーの数字やイベント日程、コラムなどの文字はすべて
小塚フォント。「小塚」というファミリーネームは、日本のフィギュアスケー
トにとって大切な、特別な名前です。

戦後、愛知県スケート連盟を創立した小塚光彦氏は、のちに伊藤みどり選手や
浅田真央選手らを育成する山田満知子コーチの師でもあり、今日のフィギュア
スケート強国・日本の礎を築き、発展に尽力した功労者。その長男、小塚嗣彦
氏は1960年代後半、全日本を3連覇したトップスケーターでした。

そんな光彦氏の孫であり、嗣彦氏の子息が、私たちのよく知る小塚崇彦さん
2005-06シーズンにジュニアの主要タイトルを総なめにし、バンクーバー五輪
出場、世界選手権銀メダリストへと駆け上がった清爽な駿才スケーターです。

祖父から父、孫へと3代にわたって受け継がれた、コンパルソリーを重視する
スケートスタイルは、まさにフィギュアスケートの原点といえるでしょう。
2016年3月に選手生活を終えた小塚崇彦さんは、今年からフィギュアスケート
の普及と後進の育成のために活動する意向を表明。 その眼は日本のみならず、
アジアをはじめ海外にも向けられているようです。

多くの功績と未来へ続く貢献に敬意を表し、フィギュアスケート手帳の書体を
「小塚」と決めました。この手帳が続くかぎり、ずっと書体は「小塚」です。

fontKozuka.png
▲ 名前が同じというだけでなく、きれいで見やすく、読みやすい書体です。
フォント名とスケーターの小塚さんとは直接的なつながりはありませんが、
モダンですっきりとした美しさ(特にゴシックの細い字形)は、なんとなく
小塚さんのスケートにも通じるものを感じます。(個人の感想です)


『フィギュアスケート手帳』は、雑貨屋FS.loveit が独自に制作・販売するオリジナル手帳です。店主がいちファンとしての立場から、フィギュアスケート鑑賞の普及とファンライフの充実のために自主制作しております。あたたかく見守っていただけましたら幸いです。

愛すスケート雑貨 FS.loveit

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

追憶のギャラリー(4) [figure skating Diary]



こんばんは、FS.loveitです。
いつもご来訪ありがとうございます!
はじめてここに来てくださったあなたも、どうぞよろしくお願いします。

『フィギュアスケート手帳』追憶ギャラリーも今夜で最終回です。
この手帳を始めたソチ五輪シーズンから4年。次は平昌五輪という節目の年を迎
えることになりました。来季の手帳のご案内をする前に、過去の表紙を振り返り、
これまで関わってくださったみなさまへの感謝を新たにしたいと思います。

*2016-17シーズン*

現在みなさんがお持ちの今シーズン版です。2016-17年もいよいよクライ
マックス。世界選手権と国別を残すばかりとなりました。1年間のご愛用
ありがとうございます!あと3カ月余りで「過去の表紙」になる今シーズ
ン版を、未来のユーザーさまへ向けてご紹介します。

< 翼の生えた靴でプレ平昌シーズンを >
2016-17は、平昌オリンピックの前年にあたるシーズン。
選手にとっては来季の代表選考に向けて存在感をアピールしたい年であり、
季末の世界選手権には五輪代表の枠取りがかかる重要な年です。
そんなシーズンだから、手帳の表紙もスケート靴いっぱいで「フィギュア
スケートらしさ」を前面に出しました。
滑っている靴、休んでいる靴、翼の生えた靴。シングル男女はもちろん、
これからの成長が期待されるペアとアイスダンスの靴にも翼があります。
どの選手にも全力で駆け上がってほしい、でも無理は禁物。
それぞれのプレ五輪シーズンを一歩一歩、着実に。私たちファンもそれに
一歩一歩、楽しみながらついていきたいという想いを込めました。

201617a.jpg
デザインのテイストは従来のフェミニン・ガーリー風味をおさえて、
シンプルキュートに。男女を問わず大人の日常使いに馴染むかわいさ
を目指しました。(写真下左:裏表紙、下右:扉ページメッセージ)

201617b.jpg 201617c.jpg
▲Clickで拡大表示します



May the FS be with you.(フィギュアスケートがあなたと共にありますように)
おやすみなさい。

愛すスケート雑貨 FS.loveit

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

追憶のギャラリー(3) [figure skating Diary]



こんばんは、FS.loveitです。
いつもご来訪ありがとうございます!
はじめてここに来てくださったあなたも、どうぞよろしくお願いします。

今夜も『フィギュアスケート手帳』追憶ギャラリーにおつきあいください。
この手帳を始めたソチ五輪シーズンから4年。次は平昌五輪という節目の年を迎
えることになりました。来季の手帳のご案内をする前に、過去の表紙を振り返り、
これまで関わってくださったみなさまへの感謝を新たにしたいと思います。

*2015-16シーズン*

電子書籍版から4年目、紙になって3年目、ようやく商品化の第一歩を踏み
出した2014-15版です。手帳の予約・販売専用に、簡易なウエブショップを
開きました。この年にフィギュアスケート手帳を知ってくださった方も多い
のではないでしょうか。変わらぬおつきあいに感謝いたします!

< Keep Calm and TRACE DREAMS >
2014-15版のテーマは、あの「Keep Calm…」のパロディ。
『 Keep Calm and TRACE DREAMS 』
( 平常心を保って、トレースで夢を描こう )

元ネタの「Keep Calm and Carry On」は、第二次大戦前に英国政府が国民
の士気を維持するために作ったポスターの標語です。2000年に再発見されて
以降、さまざまなパロディの題材として大流行しました。ポスターは3部作
で、手帳の扉(冒頭ページ)に添えた「 Your Courage, Your Cheerfulness,
Your Resolution Will Bring Us Victory(あなたの勇気、元気、決意が勝利
をもたらす)」もそのひとつ。(参照サイト:Wikipedia )

ソチ五輪から2年目、次の五輪にもまだ少し間があるシーズンだからこそ、
「落ち着いて、でもやるべきことは着々とやっていこう」の意を込めました。

set.jpg
〔ガーリー or シンプル〕従来のガーリー路線とジェンダーレスを意識した
 シンプル路線、表紙は2種類のデザインで展開しました。


▼ 扉のメッセージ(Clickで拡大表示します)
201516扉.jpg

2015-16bs.jpg 2015-16ayori.jpg
▲ 裏表紙(左)シンプル(右)ガーリー(部分アップ)柄の中にスケート靴がひとつ隠れていました。



May the FS be with you.(フィギュアスケートがあなたと共にありますように)
おやすみなさい。

愛すスケート雑貨 FS.loveit

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

追憶のギャラリー(2) [figure skating Diary]



こんばんは、FS.loveitです。
いつもご来訪ありがとうございます!
はじめてここに来てくださったあなたも、どうぞよろしくお願いします。

今夜も『フィギュアスケート手帳』の追憶ギャラリーをお届けします。
この手帳を始めたソチ五輪シーズンから4年。次は平昌五輪という節目の年を迎
えることになりました。来季の手帳のご案内をする前に、過去の表紙を振り返り、
これまで関わってくださったみなさまへの感謝を新たにしたいと思います。

*2014-15シーズン*

商品化前夜の2014-15版。50名のモニターさんに配布した非売品です。
あの時モニターしてくださったみなさん、ありがとうございました!

<表紙に込めた物語>
「 フィギュアスケートという宝箱をひっくりかえしたら、
  大好きな宝物たちがあふれ出した …… 」
この年の表紙デザインは、そんなガーリーでメルヘンチックな世界観を
イメージしました。ちりばめたモチーフはフィギュアスケートや選手に
ゆかりのあるものたち。11個それぞれに物語があるのですが、これは
11話もの連載になりますので、また別の機会にゆっくりお話しますね。

201415a.jpg
デザイン素材:『夢見るガーリー素材 FOR PRINCESS』ソフトバンククリエイティブ(株)


May the FS be with you.(フィギュアスケートがあなたと共にありますように)
おやすみなさい。

愛すスケート雑貨 FS.loveit

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

追憶のギャラリー(1) [figure skating Diary]



こんばんは、FS.loveitです。
いつもご来訪ありがとうございます!
はじめてここに来てくださったあなたも、どうぞよろしくお願いします。

今夜は『フィギュアスケート手帳』の追憶ギャラリーへご案内します。
この手帳を始めたソチ五輪シーズンから早4年。来季は平昌五輪シーズンという
節目の年を迎えることになりました。いつも手帳をご愛用いただいているみなさま、
制作や普及にご協力いただいているみなさま、本当にありがとうございます。
来季の手帳のご案内をする前に、ちょっと懐しい過去の表紙を振り返り、これまで
関わってくださったみなさまへの感謝を新たにしたいと思います。

*2013-14シーズン*

フィギュアスケート手帳の第1号、ソチ五輪シーズン版です。
厳密にはこの前年、実験的に作ってみた電子書籍版が最初だったのですが、やはり
「書き込みができてこそ手帳」です。五輪シーズンを機に「紙」版を発行しました。
この時の表紙(中面も)デザインは、藤本祐子さん。
若いころ同じ制作会社で働いていたイラストレーター兼グラフィックデザイナーの
彼女が協力してくれたおかげで、とても素敵な手帳が生まれました。
藤本さん、ありがとうございました。
そして来シーズン、平昌五輪版の表紙の1種類をまた藤本さんが手がけてくれること
になりました。4年ぶりのスペシャルコラボにご期待ください。

201314a.jpg
五輪年なので気合を入れて、表紙はカラーで2パターン展開。
開催国ロシアにちなんだマトリョーシカのイラストが可愛いと好評でした。


2013-14b.jpg
裏表紙には、五輪メダルをイメージした金銀銅の雪の結晶。


2013-14.jpg
日記感覚でたっぷり書き込めるA5サイズ(開くとA4)は当初からのこだわり。
中面は1色刷り、ページ数は今より16ページ少ない80ページでした。
「毎年必ず、ひとつでも進化すること」をこれからも実行していきます。


May the FS be with you.(フィギュアスケートがあなたと共にありますように)
おやすみなさい。

愛すスケート雑貨 FS.loveit

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
figure skating Diary ブログトップ